顔にできてしまったニキビ跡を自力で簡単に消す方法まとめ

2020-05-22

 

良い洗顔料や化粧水を使っているのにニキビ跡がなかなか消えないと悩まされていませんか?

実は、ニキビ跡ケアには特有の気にするべき点があり、そこを意識すると改善できます。

この記事では、ニキビ跡がなぜでき、どうすれば消えるのかを取り上げ、

どうのようにニキビ跡ケアを実践できるかを紹介します。

記事を読み終えると、ニキビ跡を改善するためにするべきことを明確に理解することができます。

 

 

ニキビ跡とは?

ニキビ跡には赤み、色素沈着、クレーター肌の3種が存在します。

  • 赤み:炎症で毛細血管が開き、肌が赤く見える状態
  • 色素沈着:ニキビが治った後にその場所が茶色がかっている状態
  • クレーター肌:ニキビがあった場所が凸凹の状態になっており、炎症はない状態

これらには別の原因やケアの方法があるため、自分がどちらで悩んでいるかを明確にしましょう。

 

ニキビ跡はなぜできるのか

ニキビ跡ができるメカニズムは、それぞれのタイプによって異なります。

 

赤みタイプのニキビ跡

ニキビができると、肌が炎症状態になります。

そして、過剰に増加したアクネ菌が出した菌体に対して分解酵素が生成されますが、

ニキビが治った直後では、この分解酵素が残っており赤みが残ります。

さらに、肌の修復最中では血管が開いているため、赤く跡が残ります。

 

色素沈着タイプのニキビ跡

ニキビの炎症によって誘発されたメラニン色素が残ることで茶色い出来物が残ったのが、

色素沈着タイプのニキビ跡になります。

ニキビの炎症で肌に刺激が与えられると、肌はメラニン色素を生成して自らを守ろうとします。

この色素がそのまま残り、沈着するとニキビ跡になってしまいます。

 

クレーター肌タイプのニキビ跡

クレーター肌は、ニキビ発症中に破壊された真皮が元通りに修復されなかった際に起きます。

真皮は、皮膚を構成する層のうち最も奥にある層のことです。

ニキビを治療せずに放置したり、手で触る・潰すなどした場合に

ニキビの炎症を悪化させると真皮層の肌細胞が破壊されてしまいます。

破壊された部分では肌が修復されずに陥没し、クレーター肌が出来上がってしまうのです。

 

ニキビ跡はどうしたら消えるか

赤みタイプや色素沈着タイプのニキビ跡を治すには、沈着した色素を薄くし、

ターンオーバーで変色した肌細胞を肌を新しくきれいなものに入れ替える必要があります。

 

色素を薄くしターンオーバーを促進するために、

有効な栄養を体外と体内の両方から与えることで、色素沈着を治療することができます。

ゆえに、これらのタイプのニキビ跡に対しては自力でケアを行うことができます。

 

一方で、クレーター肌が起こっている真皮層ではターンオーバーが起こっていないため、

色素沈着タイプとは別の方法で対処する必要があります。

破壊された真皮をセルフケアで修復させるのは困難です。

クリニックで専門の治療を受ける必要があります。

 

顔のニキビ跡を自力で簡単に消す方法

上記でも紹介した通り、セルフケアで治療ができるのは色素沈着タイプのニキビ跡です。

最も容易なのは、ターンオーバーを促進させるために必要な有効成分を

肌の表面に与えるアイテムを日ごろのスキンケアに取り入れることです。

余裕のある方は、摂取する栄養も意識して肌の代謝を良好に保ちましょう。

 

ニキビ跡を消す効果のある化粧品を使う

ビタミンC誘導体が含まれている化粧水や美容液を使用すると効果的です。

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCが皮膚に吸収されやすいように改良された成分です。

 

ビタミンCは、メラニン色素を薄くしたり肌代謝を促進させたり、

ニキビ跡を治療するために効果的な成分ですが、

ビタミンCをそのまま肌に塗っても浸透しにくくい上に

成分が壊れやすいため効果を十分に得られません。

 

ビタミンC誘導体は、ビタミンの肌への吸収性を高め、

皮膚に浸透したのちビタミンCへ変化させるように改良された成分であるため、

化粧品でビタミンを補う際に有効な成分と言えます。

 

ニキビ跡を消す効果のある栄養を摂取する

ニキビ跡のケア目的として摂取すべき栄養はビタミンC、E、B2です

 

メラニン色素や肌代謝に効果のあるビタミンCは、

体内で生成されないない上に蓄えることができない成分のため、

日々食事などから摂取する必要があります。

 

しかし、熱に弱いため調理すると成分か壊れてしまうため、

生で食べるように気を付ける必要があります。

主に赤・黄ピーマン、ブロッコリーなどの緑黄色野菜やフルーツ、

ジャガイモなどに多く含まれています。

 

ビタミンEやB2には皮脂の分泌をコントロールし、

 

肌代謝を促進する効果があります。

肌代謝が上がるとターンオーバーが正常に機能し、

ニキビ跡を消していくため

ニキビ跡ケアでは重要な成分です。

 

ビタミンEはピーナッツやアーモンドなどのナッツ類やホウレン草などの緑黄色野菜に、

ビタミンB2は魚介類、レバー、酵母、藻類などの食品に多く含まれます。

 

ビタミン類を食事から摂取をしようとすると、メニューに使われている食材を気を付けたり

成分を壊さない調理法に気を付けたりと、ケアが「簡単」にできるとは言い切れません。

 

しかし、これらの栄養素はサプリメントを取り入れることで容易に摂取できます。

被弾の食事にプラスして飲むだけで、必要な栄養を補うことができます。

 

まとめ

  • ニキビ跡には、赤み・色素沈着・クレーターの3種のタイプがある
  • 赤み・色素沈着タイプのニキビ跡はセルフケアが可能。
  • 色素を薄くし肌のターンオーバーを促進する栄養を体外・体内の両方から摂取する
  • ビタミンC誘導体が入った化粧水・美容液や、ビタミンC/E/B2を食事やサプリを取り入れ楽々ケア

 

ニキビ跡にはニキビ跡専用でやるべきことがあります。

それを意識してスキンケアに問い入れることで、長い間納屋なされていたニキビ跡を効果的に治すことができます。

 

-ニキビ肌対策

Copyright© 美しいおじさん。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.