リーフレット掲載用 撮影

 

近々独立されるマッサージ・鍼灸師さんのプロフィール写真を撮影させていただきました!

 

何かの動作をしているシーンを写真に収めるとき、大きく2種の撮影方法があります

①その動作を行ってもらいながら撮影する

②特定の動作で止まってもらい、そこを撮影する

 

①では、動きながらの撮影になるため

表情が真剣になり過ぎたり瞬間を逃すリスクがあります。

ただ、躍動感は表現しやすいです!

 

②では、動きが止まっているので表情に集中できます。

一方で、中腰や所作と所作の間の瞬間など、

止まっている状態を続けられないシーンの撮影には向いていません

 

シーン撮影では、一旦その動作を一通り行ってもらい

どこが見せ所なのか、それは一定時間止められるか

ということを確認して、ポージングを決めます!

 

さて、↑の写真は①②のどちらで撮ったでしょう??

 

一眼レフカメラでの撮影では、

被写体からある一定の距離を話さなければならないため

接近しすぎる位置関係で撮影はできません

 

だからと言って、広々スペースが必須というわけではなく、

我々は使うレンズを変えて近距離撮影に対応します!

 

自分の店舗は狭いから良い撮影ができないとお悩みの方がいたら、

それはNo Problemな悩みです!

 

人物を起用した撮影だからと言って

必ずしもその人の顔を写す必要はありません

何を伝えたいかという目的に応じて使い分けをしましょう!

 

被写体の人柄や、店舗や業務中の全体的な雰囲気を伝えたいのであれば

人の顔が写るような画角になり、

 

サービス内容や技術力、商品そのものをアピールする場合には

人の顔は特に必須ではないので、思いっきり寄る画になります

 

結局その写真で何を伝えたいか。を明確にすることは

この分岐で迷子になって本来撮るべき写真が撮れない

ということを防げるのです!

 

-Webサイト用撮影, 活動報告

Copyright© 美しいおじさん。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.